モモコン☆オンナのためのエンタメ系情報コンテンツ

  1. モモコちゃんねる>
  2. モモコントップ>
  3. コラム>
  4. 第3話 印象深かったお客様(後編)

コラム


▼ 誰にも聞けない夜のこと…人気ライターの連載コラム

[夢乃紫音]夢乃紫音のぶっちゃけトーク

第3話 印象深かったお客様(後編)

そして、そのお客様とのご対面。
お客様の方が緊張しているのか、まったく笑顔を見せてくれません。
手を繋いで一緒にお部屋に入ったものの、お客様の緊張はほぐれないようでした。

紫音は、ノートに自分の名前と「楽しい時間にしようね♪」と一言だけ書いて、
急いでお客様に見せました。

すると、さっきまでのカタい表情がフッと和らぎ、
嬉しそうに鉛筆をとって「こちらこそ、よろしく」と書いてくれました。

それからプレイまでの少しの間、ノートの文字を通して「好きな動物の話」とか「旅行の話」とか、他愛もない会話を楽しみました。

この日の帰り際、お客様が最後に書いた言葉は
「こんなに楽しい日は今まで無かった。必ずまた来るから、その時にもいっぱいおしゃべりしようね」
というものでした。
ノートに書かれたその言葉を見たとき、紫音は本当に嬉しかったです。

そして、その後ほんとうに何度も遊びに来てくれました。
あのノートにも、たくさんの文字が刻まれていきました。

でも、最初に会ってから1年もたたないうちに、そのお客様は遠くへ引っ越すことになってしまい、お別れの日がやってきました。

最後の日、そのお客様がノートに書きました。
「このノート、持って帰りたい」と。
「もちろんいいよ」と紫音が書くと、お客様は「ありがとう」と書いて紫音に見せたあと、
自分のカバンに、大事そうにノートをしまいました。

帰る時も、何度も振り返って笑顔で手を振ってくれていたのを覚えています。

風俗嬢のお仕事って「エッチなサービス」をするだけではないんですよね。

お客様の心を癒すことのできる風俗嬢さんが増えてくれたら嬉しいなぁと紫音は思っています。

この記事の短縮URL https://momococh.com/contents/lo65

ライター紹介

夢乃紫音(ゆめのしおん)

夢乃紫音(ゆめのしおん)

18歳から29歳まで、風俗嬢として生きる。現在は、風俗店で女のコの管理をしつつ、悩み相談などにのっている。接客数延べ8,000人以上。風俗経歴:ファッションヘルス・イメクラ・デリヘル。その他、著書「世にも奇妙なオトコたち(春日出版)」、ブログ「8000人と恋した風俗嬢が語る、Hと恋愛の裏オモテ」。

公式サイト
ブログ
8000人と恋した風俗嬢が語る、Hと恋愛の裏オモテ
FaceBook
Twitter

関連記事

  • イケメンホスト名鑑