モモコン☆オンナのためのエンタメ系情報コンテンツ

  1. モモコちゃんねる>
  2. モモコントップ>
  3. 特集・話題 >
  4. 第2回 いざ面接に行ってみよう!の巻

特集・話題


▼ 女子に人気のトレンドまとめ!話題のスポットを特集します☆

[業界ウラバナ]風俗イメージ向上化計画

第2回 いざ面接に行ってみよう!の巻

毎度っ!!風俗向上委員会の雑務ならびに相談役のパクタマっす。今回は、風俗店の面接心得をアドバイスしちゃおう。
とはいえ、「面接ってどこでやるの?」と不安に思うコも多いんじゃない!? もちろん事務所や待機場なるものがあるのだから心配無用と言いたいとこだけど、前回紹介したようなデリヘルなんかは看板を掲げているはずもなく、ぶっちゃけ当日になって道に迷うコが意外と多いんだ。
実際にパクタマが遭遇した例では、

──今、○○駅に着きました。事務所までの道のりを教えてください。

と気丈に振る舞っていながら、その後30分以上も音沙汰なし…。道がわからない時は遠慮せず、電話で出迎えを頼んでくれて構わないぞ。送迎スタッフが必要な出張型のお店は、駅や繁華街から離れた場所にある例も多いからね。空いているドライバーがいる時間帯なら、きっと帰りだって1~2駅分くらいは送ってもらえるんじゃないかな!
で、いよいよ面接となるのだが、たいていのコは当日の体入を希望すると思うんだ。早くお店の雰囲気や仕事のペースに馴染みたいだろうし、わざわざ出向いた以上はいくらかでも収入を得て帰りたいってのが心情だもんね(笑)。
でも、面接の場でいきなり「当日体入させてください」と切り出されると、店側としては嬉しいけれども弱ってしまう。というのも、お店は女のコの出勤人数に合わせてドライバーの出勤人数を調整しているからなんだ。他にも体入希望が数人いた日には、配車が回らなくなる状況にだってなりかねない。
確かにデリヘルの場合は、客の元からアウトコールしたら、

──迎えが来るまで近所のコンビニで待っててね。それか、タクシーで帰ってくる?

といったプチアクシデントもあり得るんだけど、体入時にそんな目には遭いたくないよね! もちろん店側だって、そういう状況にはなりたくはない。というわけで、当日体入を希望する場合は、事前の問い合わせで了解を取っておくことをお勧めするぞ。

ぱっくん玉喜。マンガ『第2話 いざ面接に行ってみよう!の巻』

この記事の短縮URL https://momococh.com/contents/ix35

ライター紹介

ぱっくん玉喜(ぱっくんたまき)

ぱっくん玉喜(ぱっくんたまき)

ぱっくん玉喜(ぱっくんたまき)
執筆業に携わるかたわら、デリヘルドライバーとして業界に身を置くこと7年余り。
「運転手は女の子が心地よく働ける環境を提供すべし」をモットーに、今なお現役で走り続ける。
通称“パクタマ”。

公式サイト
ブログ
FaceBook
Twitter

関連記事

  • イケメンホスト名鑑