モモコン☆オンナのためのエンタメ系情報コンテンツ

  1. モモコちゃんねる>
  2. モモコントップ>
  3. お悩み・相談>
  4. ココロとカラダをむしばむアイツ!ストーカーを倒せ!

お悩み・相談


▼ 人に言えない体の悩みやセックス(エッチ)・労働相談

[田中課長]あしたのためのカラダのネタ帳

ココロとカラダをむしばむアイツ!ストーカーを倒せ!

これをされたら立派なストーカー!?

ちょっと困ったお客さんでもにっこり接客するのがプロの道。
…が、がんばって人気が出たぶん、相手につきまとわれることも。また、元カレが強引に復縁をせまったり、脅迫してきてストーカーに!?
今回のテーマは、乙女の大敵!ココロとカラダにダメージ大のストーカー対処法です★

・ストーカーって?
ストーカー規制法によると、以下がストーカーといわれる行為。
罰則は6か月以下の懲役、または50万円以下の罰金とされています。

①自宅・学校・職場等での、つきまとい・待ち伏せ・押しかけ等
②監視していると告げる行為(行動調査等)
③面会・交際の要求
④乱暴な言動
⑤無言電話、連続した電話・FAX(ファクス)
⑥汚物・動物の死体等の送付等
⑦名誉を害する事項の告知等
⑧性的羞恥心を侵害する物品等の送付等

このように法律でも定められた日常生活をおびやかすストーカー行為ですが、現実には警察が動くのは極めて悪質と判断された場合。
まずは自分で行動できること、それでもストーカー行為が続く場合の警察に相談する時のポイントを紹介します!

風俗嬢とストーカー 孤立に注意!

ストーカー被害にあいやすいにもかかわらず、対処するにも困難が多いこのおシゴト。
ストーカーが元カレやお客さんの場合、相手に「バラすぞ!」といわれたり、警察や相談先でも、「自業自得なんじゃないの?」オーラばんばん出されたり。「私が悪いのかな…」とヘコんだりしそうですが、それではストーカーの思惑通りになってしまいます。
ここは強い心をもって、解決に向けて行動しよう。警察が頼りにならない場合には、探偵事務所など、専門家に依頼する方法も。金額、調査保証の内容も様々なので、見積もりしてもらい、納得した上で調査を依頼しよう。
風俗嬢であることで、まわりに相談しにくいですが、「もう耐えられない!どうしたらいいかわからない!」となったら、信頼できる恋人や友達、家族にちゃんと助けを求めよう。
自分の生活や命を守るの第一!!

めざせ完全殲滅!なにができる?

・その1 いやがらせの電話やメール
着信拒否や個別アドレス拒否で迷わずブロック。
不快なメールはすぐに消したくなりますが、証拠として保存しよう。電話も録音して保存!

【ポイント!】
ブロックで相手があきらめれば良し。
が、後々相手がエスカレートした時のことを考えて、証拠を残そう。

・その2 なんでこんな所にアイツが!?家の近くで待ち伏せ、つきまとい
見てるだけで何もしないこともありますが万が一を考え、いつも以上に戸締りを気をつけよう。ブザーや催涙スプレーなど防犯グッズの持ち歩きも○。一人暮らしのコは、男モノの洗濯物を干すなど、誰かと住んでいるのを演出しよう。
また、この場合も誰かに相談するためには証拠が必要。日時や状況をメモ、証拠写真があればさらに良し。つきまといが続くようであれば、証拠を持って警察へ!

【ポイント!】
どんな行為にでられるか、予想がつかないのがストーカーの怖さ。
警察介入が難しい場合、自衛することが重要になります。
本当にシンドいですが、ひとりで抱え込まず、あきらめず、自分を守っていこう。

・その3 もう我慢ならない!警察に相談!
ストーカー行為が続いたり、脅されたり、エスカレートしそうな時は警察へ。が、被害を受けている側の深刻度に反し、取りあってくれない例をよくききます。
そこで!そもそも警察は何をしてくれるのか、どうやったら動いてもらえるかをチェックするよ★

【相談と援助】
ストーカー行為がエスカレートしそうかどうかの判断や、緊急時の警察への連絡方法などのアドバイスがもらえます。
また、防犯グッズの貸し出し、相手に対して事情聴取をしてもらえる場合も。

【ポイント!】
事件として扱われない場合でも相談にのってもらえます。
が、担当の人によっては、取り合ってもらえないとの報告も?

【警告と命令】
被害者の申し出に応じて、「警告(これ以上ストーカー行為を続けると逮捕されるよと注意する)」や、警告より強い「命令(今すぐやめろ!)」を相手に発します。申請は警察の生活安全課で。
警告を受けるとストーカー行為をやめる率が9割と、効果は絶大!

【ポイント!】
証拠を必ず持参しよう。事情がわかっている誰かに付き添ってもらうのもgood。よくあること、被害妄想、痴情のもつれ等で片付けられないよう、警察を説得するための万全の用意を。

【告訴】
あまりに悪質な場合、「告訴(相手がこんな犯罪を犯しているので、捜査して処罰してくださいという訴え)」するという最終手段があります。
警察はストーカー問題を取り扱いたくない傾向があるので、直接いくと告訴状の受け取りを拒否されることも。コピーを取った上で、書留で送るのがよし!

【ポイント!】
告訴状の作成についてはネットで「告訴状/書き方」で調べよう。
書留で送って、受理されると、警察は捜査を開始します。

<解説>
ストーカーと戦うぞ!お役立ち情報

■女性の人権ホットライン
電話:0570-070-810(全国共通ナビダイヤル)
(平日のみ受付/8:30~17:15)
DV、ストーカーなどの相談を受け付ける。
相談料は無料、秘密厳守にて対応。

■警視庁総合相談センター
電話:「#9110」又は「03-3501-0110」
(平日のみ受付/8:30~17:15)
ストーカー等の相談も受け付ける総合窓口。
各地の警察に専門窓口があることも。
ネットで検索してみよう。

ストーカー対処法


◆ストーカーから身を守る為に
今回、ストーカーコラムを書こうと思った理由は、ほんっとにまわりでストーカー話をきくことが多かったから。健康っていうか、命にかかわる問題でもあるし。お客さん、元カレといろいろな例があるけれど、生活を変えざるをえなかった話をきくと、ほんと凹みます。ストーカー被害は万能の解決策がなくて、警察に依頼するなり、自力でなんとかするなりを、相当のチカラを使って、何ができるか調べ、決断して、行動しないと、どうにもなりません。これもやりきれないけど現実。ちょっとはその戦いの参考にならないかと思って、原稿をまとめました。あと、身近できく例は、警察はすぐとりあってくれない、って話が多く、そのことを強調してしまいましたよ。よい警察の対応にあたったら、その話もききたいものです。

この記事の短縮URL https://momococh.com/contents/w64c

ライター紹介

田中課長(たなかかちょう)

田中課長(たなかかちょう)

風俗嬢のためのSTD情報サイト「ガールズヘルスラボ」主宰。風俗嬢がどうやって安全に働けるか日々模索中。感想やSTDについて知りたいことなど、お便り募集中。「ガールズヘルスラボ」で連載中

公式サイト
ガールズヘルスラボ
ブログ
FaceBook
Twitter
@tamiyaryoko
  • イケメンホスト名鑑