モモコン☆オンナのためのエンタメ系情報コンテンツ

  1. モモコちゃんねる>
  2. モモコントップ>
  3. お悩み・相談>
  4. 体液や血液を介してうつるSTD

お悩み・相談


▼ 人に言えない体の悩みやセックス(エッチ)・労働相談

[田中課長]あしたのためのカラダのネタ帳

体液や血液を介してうつるSTD

激しい行為は要注意!? 体液や血液を介してうつるSTD!

■実際、どんなプレイが危険度が高いの?

・これはリスク高! 要注意プレイ

○コンドームなしの本番プレイ
先走り液や精液には病原体が含まれていることが多々! 膣は「ザ・粘膜」、病原体がうつりやすい場所なので、ナマでの本番行為は病気になる可能性が高いです。
→本番行為は、ちゃんとコンドームをつけて! もし、ナマ本番があった場合は、STD検査を受けに病院へGO!

○コンドームなしのアナルファックプレイ
肛門は粘膜な上に、もともと吸収しやすい器官なので、病気がうつりやすいところです。さらに、傷もつきやすいので、最上級に危険度の高い行為です。 →妊娠しないからといって、アナルファックをナマでするのは×。コンドームとローションを使って、万全な体制でしよう。コンドームがやぶれたり、ナマでの行為があった場合は、ちゃんと検査を受けに病院へ!

○過度な指入れ
指入れ自体で病気のうつる可能性はそれほどありませんが、激しい指入れで膣に小さな傷がついていると、バリア機能がおちて、病気がうつりやすい状態になります。
→膣が痛かったり、「今日は無理しちゃったな」という時は、激しいプレイは特に避けて!

○口に傷がある時のフェラや口内発射
歯磨きをしすぎて歯グキから血が…、口内炎ができちゃった…。日常でよくあることですが、口に傷があるときは、病気がうつりやすい状態といえます。
→なかなかむつかしいですが、「今日は口の調子悪い!」って時は、口内発射やフェラを少なめにして、スマタや手コキでの射精に切り替えを!

病気のモトはどこにいる?

できれば病気にかからず働きたい!まず第一歩は、どんな病気があるかを知る。そして、どんな行為がリスクが高いのかを知る。さらに、リスクがある行為を避けるにはどうしたらいいかを、自分が仕事をしていく中であみだしていくことがとっても大事です。多くのSTD(性感染症)のウイルスや菌は、体液や血液に含まれています。だから、病気の予防には、体液(先走り液、精液)や血液が、自分の粘膜や傷に触れないようにすることが大事。まずは、体液や血液によってうつる病気で、特に気をつけたいSTDをチェック!

■クラミジア
【症状】おりものが増えたり、匂いが強くなったり。が、女性の8割はほとんど症状に気がつかないといわれています。
【感染】クンニ、本番、アナルセックスなどの行為で、先走り液や精液を介してうつります。フェラチオや口内発射で、ノドへ感染することも。
【予防】なかなか予防はむつかしいのが現状。なるべく体液にふれないよう、プレイ!
【ポイント】気がつかないうちにかかっていることが多いので、なんともなくても、定期的に検査が必要です。クラミジアにかかっていると、他の病気にうつりやすいというデータも。病気予防のためにも、ノドと膣の両方をちゃんと検査!

■B 型肝炎
【症状】吐気、食欲減退、激しいカラダのだるさ。黄疸(白目や皮膚が黄色くなる)が出ることも。
【感染】ウイルスは精液、先走り液、血液に含まれており、これらが粘膜に触れると感染の可能性が。本番、キス、フェラチオ、クンニなどでうつることがあります。
【予防】少し高価ですが、B型肝炎を予防するワクチンがあります。医療関係者など、B型肝炎の感染の可能性が高い職業の人にはこのワクチンが推奨されますが、風俗で働く人もリスクが高いとして、接種をすすめるお医者さんもいます。
【ポイント】感染力が強く、ディープキスでもうつることがあるほど。

■HIV/エイズ
【症状】感染してから数年
【感染】ナマでの本番やアナルセックス、フェラチオ、クンニなどでうつることがあります。キス、抱き合ったりではうつりません。
【予防】本番、アナルセックスでは、コンドームは必須!
【ポイント】エイズを発症していなくてもHIVキャリア(ウイルスを持っている人)であればヒトにうつす可能性があります。キャリアであるかは見た目では判りません。

粘膜が多い女子は不利…!?

粘膜部分と体液・血液を触れ合わさない、といっても、粘膜っていったいどこ…?
正解は、目、鼻の中、口の中、尿道、膣内、肛門内。男性の性器周辺の粘膜が尿道のみなのに比べて、女性の性器は多くが粘膜。このため、女性の方がHIVやクラミジアなど、感染の確率が高いといわれています。さらに風俗で働いていると、どうしても膣は荒れがち…。ヒリヒリしたり赤みがある、カンジダにかかっている、生理中などの時は、「今は粘膜からウイルスが入りやすいかも!!」と自覚して、なるべく体液が触れないよう、仕事をこなそう。

体液や血液を介してうつるSTD


◆シーツが白いとよけいに罪悪感が増すあの日の出来事…
仕事中、男性が出す体液は、「先走り液」「精液」ですが、田中が一番ハデにたれながしているのは、生理の血液です。私がもしSTDに感染していたら、相手はとっても危険…。いや、私も生理の時に仕事したいわけじゃないんですけど、抜き差しならない事態になってしまうこともあるんです…。やーSTD予防的にはほめられたものではありませんが、もうひとつ、ホテルの部屋がめっちゃ汚れまくること。いや、一応、バスタオルを敷いたり、被害を最小限にしようとは思ってるんですよ。でも仕事熱心なせいかな!? 気がつくと、いろいろなモノが血に染まり…。どうにもならないとわかっていながら、布団や枕で隠したりしています。ほんっとごめんなさい。今ここであやまっておきます。

この記事の短縮URL https://momococh.com/contents/wqnn

ライター紹介

田中課長(たなかかちょう)

田中課長(たなかかちょう)

風俗嬢のためのSTD情報サイト「ガールズヘルスラボ」主宰。風俗嬢がどうやって安全に働けるか日々模索中。感想やSTDについて知りたいことなど、お便り募集中。「ガールズヘルスラボ」で連載中

公式サイト
ガールズヘルスラボ
ブログ
FaceBook
Twitter
@tamiyaryoko
  • イケメンホスト名鑑