モモコン☆オンナのためのエンタメ系情報コンテンツ

お悩み・相談


▼ 人に言えない体の悩みやセックス(エッチ)・労働相談

[田中課長]あしたのためのカラダのネタ帳

女のコのためのがん入門

検診を受けてがん予防! 女のコのためのがん入門!

・女性がかかりやすいがんってどんな種類があるの?

「がん」にかかる人はとーっても多い! 有名人がかかってたり、家族や知り合いがかかったという話をきくのもそう珍しいことではないハズ。でも、「自分もがんにかかるかも?」っていうと、なんだか現実味のない、遠い話に思えるのも事実。がんは、早期に発見して治療するのが重要な病気。がん検診をかしこく利用して、がん対策をばっちりしよう!
女性がかかる確率が高いがんには、「大腸がん」「胃がん」「乳がん」「子宮がん」「子宮頸がん」などがあります。このうちの女性ならではのがんの特徴をまずは解説!

○子宮頸がん
膣の奥、子宮の入り口にある「子宮頸部」という部分にできるがんです。
多い年齢層:20代より上の年齢でかかります。近年、20代後半から30代の女性の間で増えています。
症状:初期には症状が出ないことがほとんど。進行すると、不正出血やおりものがふえたりします。
原因:性行為によって感染するHPVというウイルスが原因でかかります。

○子宮がん
子宮にできるがん。子宮頸がんと区別して、子宮体がんとよぶことも。
多い年齢層:40代から60代に多いがんですが、中には30代で発症する人も。
症状:初期の頃にはほとんど症状がでません。進行すると、不正出血、おりものの増加などが見られます。
原因:女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が関係するといわれています。妊娠・出産の経験がない人や、生理不順の人がかかりやすいようです。

○乳がん
乳房にできるがん。「がん」という病名はもともと、乳房に岩のようなしこりができるがん=「岩(がん)」のことを指していました。
多い年齢層:30代から徐々に増え、40代半ば以降にかかることが多いがんです。
症状:5mmから1cm大のしこりができたり、表面の皮膚のひきつれやへこみ、乳首から体液が出るなど。
原因:子宮がんと同じく、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が関係するといわれています。

・受けよう! がん検診

がんを早めに発見するには、自分のカラダに気を配り、変化があったら病院に行くことと、ある程度の年齢に達したら、カラダの不調がなくても検診を受けることが大切です。

○普段からできること
★不正出血やおりものの変化があったら病院で検査しよう。ストレスや体調によっても起こる不正出血、おりものの量や臭いの変化ですが、子宮頸がんや、子宮体がんの症状、もしくは他の病気の可能性もあります。定期的なSTD検査とあわせて、なにか普段と違うことがあったら、ちゃんと検査とケアをしてあげよう。
★乳がんの初期症状は自分で触れて発見することもできます。指3本をあわせて、乳房を押さえるようにくまなく触ることで、小さなしこりも発見できる可能性があります。生理一日目から数えて、一週間後に触診するのがわかりやすいとされています。

○がん検診を受けよう!
定期的な検診を受けることで、早めにがんが発見できます。
[子宮頸がん検診]
HPVウイルスが原因のこのがんは、若い時から発症する可能性があります。各地方自治体でも、20~30代以上の女性を対象に、無料~数千円で子宮がん検診(細胞診)が行われています。自分の自治体ではどんな制度になっているか、最寄の保健所に問い合わせよう。
ポイント:子宮頸がんは1~2年に一回、検査を受け続ければ、がんになる前の状態で発見される可能性が高いので、「予防できるがん」といわれています。
[乳がん検診]
乳がん検診は、一般的に40才以上の女性にすすめられていますが、肉親にがんになった人がいる、生理不順、初潮がきたのが早い、などの条件が思い当たるようであれば、20代からの検診をオススメします。

◯20代…がんリスクが高いと判断したら、年一回、超音波検査

◯30代…乳腺科で年一回、超音波検査+必要に応じてマンモグラフィー検査

◯40代…乳腺科で年一回、超音波検査とマンモグラフィー検査
ポイント:40代以上は、地方自治体から乳がん検査の無料クーポンが発行されるので、使わないテはないよ☆

がんお役立ち情報

○国立がん研究センター/各種がんの解説
http://ganjoho.jp/public/cancer/index.html
このページから、各がんの解説ページにすすめます。

女のコのためのがん入門


◆マンモグラフィー受けるぞ宣言
今回は乳がんのことを書く予定でした。が!手元に届いた一通の封筒。その中には、なんと「乳がん検診無料クーポン」が!ああ。私もついに無料で乳がん検診にご招待される歳になったー。そんなわけで、どうせ乳がんのこと書くんなら、マンモグラフィー検査を受けて実体験を赤裸々に書けるまで、このネタとっとこうと思ったのでした。それにしてもマンモグラフィー検査って受けるのドキドキする。乳房をぎゅーっと押しつぶして、レントゲン写真を撮るらしいんですが、人にきいても、ネットの体験談読んでも、かなり痛そうなんです。受けたほうがいいのはわかってるけど、二の足踏むわー。なのでここで、もう行くって書いとこうと。できればマンモのおもしろさ、マンモの神秘など発見していきたいです。あーマンモ楽しみだなー(棒読み)。

この記事の短縮URL https://momococh.com/contents/149s

ライター紹介

田中課長(たなかかちょう)

田中課長(たなかかちょう)

風俗嬢のためのSTD情報サイト「ガールズヘルスラボ」主宰。風俗嬢がどうやって安全に働けるか日々模索中。感想やSTDについて知りたいことなど、お便り募集中。「ガールズヘルスラボ」で連載中

公式サイト
ガールズヘルスラボ
ブログ
FaceBook
Twitter
  • イケメンホスト名鑑