モモコン☆オンナのためのエンタメ系情報コンテンツ

  1. モモコちゃんねる>
  2. モモコントップ>
  3. お悩み・相談>
  4. 第19回 我れ以外、みな我が師

お悩み・相談


▼ 人に言えない体の悩みやセックス(エッチ)・労働相談

[お悩み相談]モモコ・坊主バー

第19回 我れ以外、みな我が師

いらっしゃいませ~! こんばんは!
ようこそおいでくださいました。当店マスターのヒッキーこと、釈 源光です。南無~~…。
さて、私の店にもいろんな客が来ますが、今回は、酔客の暴言問題のご相談です。

「最近、スカウトされてキャバクラの仕事をはじめました。
キャストの女の子やボーイさんはとても優しいのですが、
席に着いた途端、お客様に「お前ブサイクだな!」とか、
「そんなんじゃ指名全然取れないだろ!」と毎日のように言われます。
話を流せれば少しは気が楽になると思うのですが、なかなか上手くいかずとても辛いです。
どうすればいいのでしょうか?」りりかさん(コンパニオン・21歳)

まず、深夜バーのマスターとしての助言を一言。

訪問客の大半は、様々な欲求不満でササクレ立った心身を癒したり、日頃の寂しさ・空しさのウサを晴らしに、お店に足を運ぶのではないでしょうか。だから彼らも、最低限の常識や店内ルールの枠内で精一杯、<わがまま>や<横柄さ>をついつい発揮したくなる存在です。

ところで、りりかさんはまだ駆け出しですから無理もありませんが、私達の仕事には、必ず自分の〝ニガテな客〟がついてまわります。しかし、ここがむしろ正念場で、ベテランになればなるほど、逆に彼らこそを手なずけるようになれるのです。その意味で基本的に、問題客こそ「接客業の教科書」と心得ましょう。

一般に、元来性格や口の悪そうな客に更にネガティブなことを言われるのは、案外と接客側にどこかスキがある場合が多いものです。客の立場から言わせると、きっと何かが面白くないのです。
だから、話を流そうとして<逃げ>の姿勢をとるのは、あまり得策とは思えません。それでは、相手の存在を丸ごと否定するのと同じで、結果としてお互いに似た者同士になりかねませんよね。
ちゃんと向き合って彼らの不満の元凶をできるだけ解消しつつ、次第にこちらの土俵に引き込み、最後まで楽しんで頂くことが、接客業の醍醐味ではありませんか?
どうやって? …次は、その秘訣のいろはを仏法で説いてみましょう。

まずは〝和顔〟(わげん)と言って、<笑顔>を絶やさないこと。私は、人知れず鏡に向かって、自分の一番良い笑顔の作り方を日夜研究しているキャバ嬢を何人か知っていますが、最高の<笑顔>は、どんな女性も美しくし、場のムードを明るくします。

次に、〝愛語〟(あいご)と言って、客の〝悪口〟(あっこう=愚痴や他人の非難)が出る前に速攻、美点を探して褒めたり、愛情あふれる言葉を優しくかけることです。「服装のセンスが良い」とか「話が楽しくてステキ」とか…。
歯が浮くようですが、とても大事なことです。褒められたり優しくされて不愉快になる人はいないからです。貴女自身が職場の同僚たちに背後から優しくされたことを、今度は、自分にではなく目前の客へ返してこそ、プロのコンパニオンと言えるでしょう。
あとは、〝利他心〟(りたしん)と言って、常に相手に主役の座を譲り、その客固有の趣味や興味の対象(=ニーズ)を引き出し、〝有頂天〟(うちょうてん)に語らせ、その懐に入って〝歓喜心〟(かんぎしん)を互いに共有することです。

ただし、こうした心構えは、あくまで努力目標であって、まだ若いりりかさんには、いささか荷が重過ぎるかもしれません。いろいろ工夫してみた結果、どうしても勘弁ならない悪質な客は、最後は遠慮せずに店側に相談してみましょう。

いずれにせよ、昔、お釈迦さまが〝怨憎会苦〟(おんぞうえく)として説いたように、ご多分に漏れず貴女の今後の人生ステージでも、憎々しいイヤな相手とたびたび出会うでしょう。どうやら私たちの幾多の〝縁〟(えにし)の中では、試練のように、敢えてそういう修羅場を経験させるらしいのです。
むろん、私達の後日の人間的成長のために…。

だから基本は、どんな客もすべからく「人生の教科書」、言い換えれば「我れ以外、みな我が師」となるのです。視点を変えれば、本当に敬愛すべきは、案外とそんな耳の痛いことを言ってくれる目前の客の方かもしれませんよ。

合掌。


◆ヒッキーのひとりごと
先日お店にオードリーの春日が初来店したと思ったら、今度はエヴァンゲリオンの名物プロデューサーが不意に訪れました。誠に光栄の至りですが、ビックリしたなあ~、もう!!

この記事の短縮URL https://momococh.com/contents/lkvc

ライター紹介

釈源光(しゃくげんこう)

釈源光(しゃくげんこう)

中野・坊主バー店主。
1953年8月神戸生れ。

浄土真宗大谷派僧侶。
バブル経済崩壊で全てを失った後、転職、離婚、借金…絶望の果てに2001年に仏門に入った「脱サラ坊主」。現在は、大阪・瑞興寺の命を受け関東に派遣されています。
音楽が趣味で、大の安室奈美恵ファン。

寂聴の師であった今東光和尚の人生相談を目標に、これからも頑張ります。

公式サイト
ブログ
FaceBook
Twitter
@vowsbar
  • モモコちゃんねる
  • モモきゃば
  • HOP!!
  • R-30.net
  • イケメンホスト名鑑